やさしい気持ちで・・・**

おはようございま~す^^
今日は、たくさんの陽射しをあびて
こころにも明るい光がはいってくるような・・・^^
そんな気持ちの良いお天気です♪
c0145889_8374864.jpg

今朝、まだ外は真っ暗で
街頭もついている時間に・・・^^
ケーキを焼きました♪
小さなサイズのクグロフ型です*

昔、きらいだった
フルーツのピール。
ある日、初めて習いに行ったお菓子教室で
オレンジピールを使ったケーキを作って、試食することに・・・。
作るときに、先に
「私、オレンジピールが苦手なので・・・」
って断っておいたんだけど
いざ、試食の時になって
切り分けられたケーキを前にすると、
ひと口も食べないなんて、素材や、作っているときの
一生懸命な気持ち。
失敗したりして笑いながら楽しかった気持ち。
そんな気持ち達があふれてきて、
ひと口でも、いただかせてもらおう!
そう思いました。

「いただきます」
普段、その言葉の意味も考えることもなく、
儀式とか、呪文とか、習慣のように
ただ、言っていた「いただきます」

大人になってから、
「いただきます」っていう言葉をなぜ言うのか知りました。

食べ物の命を、いただきます。なんだね。

植物にも、動物にも、みんなに命があって、
その命を、人の体のエネルギーになるために捧げてくれた、
尊い、尊い命だから、
感謝していただきます。って気持ちを言葉に表すんだね^^
食べ物から、からだの栄養をいただくんだ♪

そして、
こころの栄養は、愛なんだね♪

こころに元気がないとき、いろんな愛の気持ちが
こころを元気にしてくれる。
疲れて帰ってきたとき、「おかえりなさい^^」って迎えてくれる笑顔に
ほっ・・・として癒されるのは
愛にくるまれてる言葉だからなんだ。

キライな食べ物を、おいしい*って食べれたのは
楽しいなぁ~という気持ちとか、
おいしく出来ますように・・・っていう思いとか、
食材になってくれたモノの、無償の愛の気持ちとかが、
出来上がったものに、いっぱい伝わっているからなんだ。

私は、植物や動物のように
体に栄養を与えれることは、できないけれど・・・。
お医者さんのように、
体を元気にしてあげれることも、できないけれど・・・。

こころに栄養を届けてあげれる人になりたい。
もし、こころが疲れていたら
その疲れを癒してあげれる人になりたい。
もし、寂しい思いをしていたら
側にいって、ずっと手をにぎっててあげたい。
一人じゃ、ないよ*
差し出した手に、あなたが気付くまで・・・。

         *****
今日も、遊びに来てくださって、ありがとうございます♪
そして、あたたかな気持ちを届けてくださって、ありがとうございます♪
言葉は、残っていなくても
たくさんの、やさしいこころで応援してくださってもらえてるって、
知ったから・・・♪
そんなみなさん、お一人お一人のこころが、しあわせであふれていますように・・・と
今日も祈っています。
やさしい気持ちに、守られて過ごせていますように・・・♪
辛いことや、悲しいことに、もしも出逢っても
あたたかい、ひだまりのような愛が守ってくれますように・・・。
やさしい笑顔が、いつも側にありますように・・・。

にほんブログ村 料理ブログ パン作りへ

by m-hidamari-cafe | 2008-02-07 09:46 | 手作りぱんとお菓子