愛されているよ・・・

以前、
picoが作ってくれた・・
肉まんたち・・・。
c0145889_18194434.jpg

とても簡単にできて
まるで粘土工作のように楽しく作れたっけ・・・^^

かみさま・・・。
いつまでも
picoといっしょに居れますように・・・。

       *********

イソップ物語のお話で・・^^

題名は忘れたけれど・・
牛とおおかみの物語がありました。

いつも3匹の牛たちは
とても仲が良くて
いつもいっしょに居ました。

おおかみは、いつか
この牛を食べてやろうとねらっているのですが
3匹、いつもいっしょだと
かないません。

1匹ずつだと
簡単に食べれるのに・・・。
どうにかして
あの3匹をはなればなれに
できないものかなぁ~・・。

ある日・・・。
おおかみは、考えました。

そして・・・
3匹の牛のところに、それぞれ手紙を出しました。

「おまえのほかの牛たちは
一緒に居るときは、なかよさそうにしているが
おまえがいなくなると、
おまえの悪口をいっているよ・・・」

それを見た、牛たちは
おおかみの言葉を信じてしまい
怒り出して

「もう、絶交だ」・・・と
それぞれ、ばらばらになってしまいました。

おおかみは
しめしめ・・と笑いながら
1匹ずつになった牛たちを食べてしまいました・・。


むかぁ~~し、
読んだ記憶なので・・・
原作と違うところも多いかと思うのだけれど・・・。

人は、簡単に事実を確かめもせず
うわさや
他人の言葉を信じてしまって
おろかな行為をしてしまう時が、あるね・・・。

このおとぎ話の
おおかみは・・・
不信という名前の
こころの「魔」だと想う・・。

こころが通じ合って
信じあっていれば
こころに「魔」は入って来れない・・・。

でも・・・。

疑うこころ・・・
嫉妬・・・
不安な気持ち・・・
恐怖心・・・

いろんな気持ちが
自分のこころのなかに
生まれたとき・・

こころのすき間に
おおかみがやってきて・・
ささやくんだ・・・。

自分をもっと正当化しなさい・・。
あなたはちっとも悪くないよ・・・。

自分の思い通りにならない人の悪いところを
もっと、もっとみつけなさい・・・。

自分をキライになりなさい・・。
相手をキライになりなさい・・・。


あなたが・・
信じてるものは・・何?

迷ったり・・
不安になったら・・
思い出してほしいんだ・・・。

今までの自分のこと。
今までの過ごした時間・・。
今までの自分のこころ。

今まで、してもらったこと・・。
共に過ごした、あのときの気持ち・・。

信じあえるこころは
いつも
どんなときでも
あなたのこころを守ってくれる。

信じることを決めたとき・・

こころのなかに
足音もなく、入り込んできた
おおかみは・・・
消えていくよ・・・。

そして・・
真実(ほんとう)の
ものが見えてくるんだ・・・。

自分の強さを
信じよう。

自分の光を
信じよう。

負けないでほしい・・。

わたしは・・
こころから祈っているんだ・・・。

悲しみや・・
困難なことに
もしも・・・
あなたが、であってしまったとき・・。

つらくて・・・
気力もでなくて・・・
ただ・・
ただ・・
涙が あふれてきてる

そんな時・・・。

わたしは・・
私は、いつも
ここに、いるよ。

あなたが
しあわせなときは

いつも、いっしょにしあわせを噛みしめている・・。

あなたのしあわせは
すべて
わたしのしあわせなんだ・・・。

あなたが
涙でいっぱいのときは

「だいじょうぶだからね・・」
「心配ないからね・・・」

そういいながら
あなたの肩を抱いているから・・・。

あなたを苦しめるものから
守っているから・・・。

あなたは
いつも光にあふれているよ・・。

いつも、たくさんの愛を
与えられて・・・
生かされているよ・・・。

あなたは・・・
愛されて いるんだよ・・・。


       *******

↓の日記にコメントくださった
大好きな、大好きなみなさんへ・・・

お返事、まだかけなくてごめんなさい・・。
でも、
すごく励みになって
すごく感謝のきもちで「いっぱいです。

ほんとうに、ありがとうございました。

あたたかいメッセージに・・
どれほど励まされたり
元気をもらったりしたか・・・

こうして・・
お話させてもらえることに・・
心から感謝しています・・・。

いつも、ありがとう~♪

みなさんのこころが・・
いつも・・
愛であふれていますように・・・。

毎日が
しあわせでありますように・・・。

by m-hidamari-cafe | 2008-07-18 19:28 | こころの音色